あら!いいね カーネーション。

普段の生活の中で、「おや?」「あら!」と思うことを日記式に書いていきます。お金、病気、心の病、対人関係など誰にも言えない悩みやテレビドラマから見る世相の中で、『あら!いいね』と思われる解決方法を『いいね』の気持ちを込めて喜んでもらえる記事を発信していきます。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | - | - | -

    糸子88歳 「洋服の力」を信じて仕事をしてきた

    0
      豊かさを引き寄せる
      シークレット
      ジェームズ・アーサー・レイ

      ブックオフで100円で買った本だ。

      不況期には、お金儲けに関する本が
      ヒットするようです。

      「いいことも悪いことも、心が引き付ける」という
      内容です。

      糸子さんの「洋服の力」を信じるという言葉に
      日本が失ったものが見えたような気がしました。

      自然環境や生活環境が変わっても、
      人間は変わるようで変わらないもののようです。


      間もなくカーネーションも終わりを向かえるようです。

      輝いていた昭和の時代が懐かしく感じられます。
      カーネーション | permalink | comments(0) | - | - | -

      糸子「年を取るっていうことは、奇跡を見せる資格がつくと言うことだ」

      0

        渡辺あやさん、恐るべし。

        後期高齢者の今後の生き方の
        指針を示されている。

        自分のウンコも他人のウンコも臭い、
        これがわかって生きる痛快さ!

        来週が楽しみだ。

        カーネーション | permalink | comments(0) | - | - | -

        昭和61年(1986年)糸子「夢中なときは、苦しそうな顔になるもんじゃ」。

        0

          確かにそうだ。
          セックスも、大便をする時も、マラソンで駆け抜けている時も
          人は苦しそうな顔をしている。

          快楽は、苦しさと表裏の関係にあることの証明。

          カーネーションの作家渡、辺あやさん。
          深い所で人間がわかっておられる。

          カーネーション | permalink | comments(0) | - | - | -

          糸子、72歳。プレタポルテのベンチャー企業設立。

          0

            糸子のベンチャー企業が動き出した。

            日本のもの作りの考え方が大きく崩れ、
            沢山作り、沢山の人に広告を使って沢山売る。

            多分、このことで
            沢山の人の心が壊れていくことになるだろう。

            変わるように思えても
            変わらないのが人間。

            朝の味噌汁
            朝の清々しい太陽
            家族の愛情があれば。

            - | permalink | comments(0) | - | - | -

            糸子、72歳の起業。サア,ウンコしたら立ち上がろう。

            0

              72歳の自分を崖っぷちに立たせる。

              「おもろいの諦めて、生きてなんかいられるか」

              後期高齢者(嫌な言葉だ)が、
              寝るのが惜しくて、朝起きるのが楽しい。と

              心がけなのか、それとも時代なのか。

              朝の一杯の味噌汁は何物にも変えがたい宝だ。
              棡原の長寿味噌


              - | permalink | comments(0) | - | - | -

              号外!!です。忘れていました。明日はホワイトデーです。

              0

                 
                昨年は、大震災でホワイトデーの記憶が全くありません。

                たしか、布団に入り横になると船に乗っているように揺れていた記憶があります。
                なんでホワイトデーを思い出したかといいますと
                お風呂に入り、貰い物のブランデーを少し舐めて少し早いけど

                「大好きなモーツアルトを聞きながら寝よう」と考えていたら
                唐突にチョコレートが食べたくなり、バレンタインデーのチョコレートを本棚に
                おいてあったのを思い出したからでした。

                今、ブランデーを舐めながら、大好きな楽天で娘と家内にプレゼントを探していましたら
                いいものを見つけました。

                懐中電灯がおしゃれなインテリアになるLEDランプです。
                今日頼んでおけば、明後日にはとどくようです。

                震災で買った懐中電灯が各自一個は持っていますが、私も気がついたらどこにおいたかわからなくなっています。


                この懐中電灯でしたら、枕元において色や光を楽しむこともできますので
                まさに「手元に置く」防災用品といえます。

                よろしかったら楽天のサイトに行ってみて下さい。
                娘と家内の喜ぶ顔が目に浮かびます。

                季節の味わい | permalink | comments(0) | - | - | -

                糸子 「立ち上がらなアカン!」

                0

                   
                  70歳を過ぎたとき、人は人生の終わりを感じるのだろうか。
                  老齢で大きな仕事を成し遂げた方々。
                  伊能忠敬
                  徳川家康
                  ゴッホ
                  リンカーン
                  カーネルサンダースなど沢山の人がいます。

                  「これから先、怖さにたった一人で耐えること」この言葉の中に
                  結局人は一人で生まれ、一人で死んでいきます。

                  「立ち上がらなアカン」と糸子がつぶやいた時、
                  これから真実な人生を生き抜く糸子の「宣言」と受け止めました。

                  人生を生きる意味は、江戸のエコ生活の中に生き方のヒントが有るように思います。
                  こんなサイトがありました。
                  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
                  http://edoko.skr.jp/wordpress/?page_id=17

                  春は外出が多くなる季節です。
                  外出用にも贈り物にも便利で喜ばれる日本の伝統文化
                  「エコな風呂敷」を紹介いたします。

                  カーネーション | permalink | comments(0) | - | - | -

                  椎名林檎の歌は、いつ聞いてもいいですね。

                  0
                     糸子 「一生オーダーメイドでやっていくんや」

                    オーダーからプレタポルテ。
                    今は、なんというのだろうか。

                    ユニクロにシルバー向け商品がおいてあるのだろうか。

                    ほんの少し前まで
                    ハッピーにしたい人が必ずいましたが。。。。

                    「欲しいものは一つだけ」と歌う椎名林檎の歌が
                    心に沁みる春です。

                    - | permalink | comments(0) | - | - | -

                    神田昌典さん,「ハッピーにしたいのは誰ですか」:3.11鎮魂に変えて

                    0
                      癌から回復された神田昌典さんの強烈でしかも
                      愛に満ちたメッセイジを聞きました。

                      http://youtu.be/uPO4n0RYUjM
                       
                      「ハッピーにしたい人は誰ですか」。
                      私は完全に抜け落ちていました。
                      ビジネスの前にまず、反省しなくてはなりません。

                      周りを見渡してみると、「自分がハッピー」になりたい人ばかりになってしまっています。

                      テレビでは今日一日、3.11大震災を放映していますがどうも
                      違和感があったのはこのためでは無いでしょうか。

                      復興への言葉に「愛」が感じられなかったということでしょう。

                      何千人もの零細企業経営者をハッピーにしてきた神田昌典さんが作家、演劇脚本家を経て、
                      経済に苦しむ人たちをハッピーにする「ハッピー哲学」の普及に賛同します。
                       
                      「ハッピーにしたい人は誰ですか」の答えが見つからない方に全能思考をお薦めします。
                      あなたにとって一番大切な人が見つかります。
                      そして、その人をハッピーにする方法も。
                      季節の味わい | permalink | comments(0) | - | - | -

                      糸子「世間様と無関係でいられる人間なんかいやしない」。

                      0

                        糸子74歳。小原ブランドの話が持ち込まれる。

                        明日は、大震災から一年。
                        この一年、我々は何に立向い何を解決したのだろう。

                        仮設住宅に住む高齢者が、糸子さんの元気が貰えるようにという
                        作家柴崎友香さんの配慮が嬉しい。

                        素晴らしい応援歌がある。
                        心に染み込み涙が止まらない。

                        人は一人では生きられない。
                        間もなく桜が咲き、桜が終われば端午の節句。
                        「世間様と無関係でいられる人間なんかいやしない」。

                        カーネーション | permalink | comments(0) | - | - | -